ユニポイントドリルねじ・タップタイトねじ・タップタイト等、ねじの企画から設計・製造まで一貫した生産システム。OEM生産もおまかせください

会社紹介




ご挨拶

 

弊社は大正8年に大阪市にて創業しました。ねじ製造を中心に釘、リベット、ねじ製造機械の設計製造とその時代に合わせた製品を世に送り出し続けてきました。近年ではISO9001、ISO14001を通じやるべき事を明確にし、お客様に喜んでいただける製品やサービスを生み出せる会社を目指して参りました。その為には社員一人ひとりが主体性を持つ事が必要になります。欠点は誰にでもありますが良い所を活かし欠点を皆で補える、そんな会社にできればと考えております。併せて生産設備に関しても最新の設備を導入し、より精度の高い製品を作り出す体制づくりにも力を入れて参りました。我々を長年にわたり支えて頂いた事に深く感謝をし、これからも皆様に喜んで頂ける会社を目指して進んで参ります。



会社概要

 

社名 株式会社 神山鉄工所
代表者 代表取締役 社長 神山裕義
創業 大正8年8月8日
法人設立 昭和30年7月9日
資本金 1,000万円
従業員 48名
決算期 12月31日
本社 〒577-0067
大阪府東大阪市高井田西5丁目4番8号
TEL.06-6782-2255(代) FAX.06-6782-3257

本社地図
工場 〒633-0021
奈良県桜井市倉橋361
TEL.0744-43-1155(代) FAX.0744-43-1157

桜井工場地図
事業内容 各種ねじ類(ユニポイント-ドリルねじ、タッピンねじ、タップタイト)製造販売

 

沿革

 

大正8年 神山時蔵、大阪市にて創業。ダブルヘッダー、製釘機を開発し、生押リベット、鋲釘の生産を開始。
昭和10年 現在地、東大阪に移転。
昭和14年 伸線機、ローリングマシン、すりわり機を設計製作し、伸線から、大小ねじ、木ねじ等線材製品の一貫生産体制を確立。
昭和29年 十字穴パンチ開発。プラスねじ生産。
昭和30年 (株)神山鉄工所に法人改組。
昭和37年 桜井工場新設。小ねじ、タッピンねじ、各種ねじを生産。
昭和52年 自社製ピンチポインターにて、全冷間鍛造よるセルフドリリングねじ「ユニポイント」の製造開始。
昭和54年 株式会社日本ファスナー技術研究所より、特許「タップタイト」他の再実施権を取得。
昭和59年 セルフドリリングねじ「ユニポイント」の特許権を取得。
昭和62年 スパドライブ再実施権を取得。
平成2年3月 桜井工場増設。ねじの生産を集約。
平成2年6月 本社機械工場完成。
平成2年11月 本社社屋、立体自動倉庫完成。
平成10年2月 「スチールハウス用ドリルねじ」の製造工場認定取得。
平成11年6月 「中小企業創造活動促進法」に基づく認定取得。
平成19年6月 「建築構造用ドリルねじ」の、国土交通省大臣認定取得。
平成19年12月 「ISO9001」「ISO14001」を認証取得。
平成25年8月 平成24年度ものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金の採択を受け、ポンチングマシンを導入。
平成26年9月 平成25年度補正中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業の採択を受け、画像検査機とキャップカシメ機を導入。
平成27年6月 平成26年度補正ものづくり・商業・サービス革新補助金の採択を受け、ヘッダーマシンを導入。
平成28年6月 平成27年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金の採択を受け、ヘッダーマシン、ポンチングマシン、ローリングマシン、3D形状測定機を導入。

品質・環境方針

 

品質方針
  1. 確かな技術、確かな作業、確かな管理に基づく、確かな品質を作ります。
  2. お客様の満足、仕入れ先様の満足、社員の満足を求めていきます。
  3. 社会の秩序を大切にし、信頼される企業を目指します。
  4. 目標を定め、常に改善、効率、成果を見極め、マネジメントすることでシステムの更なる充実を目指します。
  5. 社員一人ひとりが常に改善の気概を持って製品の品質向上を目指し、仕事の達成感、充実感を求めていきます。
環境方針
  1. 環境関連の法規制・条例・協定・当社が同意したその他の諸要求事項を遵守します。
  2. 地球環境汚染予防の為、省資源、省エネルギー、油汚染の防止に努めます。
  3. 積極的なマネジメントで、私達が製造するねじが環境に優しいグリーンパーツである事を目指します。