ユニポイントドリルねじ・タップタイトねじ・タップタイト等、ねじの企画から設計・製造まで一貫した生産システム。OEM生産もおまかせください

業務紹介



製品ができるまで

KAMIYAMAは「ユニポイント」(ドリルねじ)に関する技術アドバイザーです。ねじの企画から設計、製造、検査、パッケージングまで一貫した生産体制でお客様にご満足いただける製品をお届けします。OEM生産もおまかせ下さい。お客様にご満足いただける「ユニポイント」を提案させていただきます。ここでは製品ができ上がるまでの流れをご紹介します。

 

受注
お客様の課題や要望をお聞かせ頂き最適な製品を設計しご提案致します。何でもご相談ください。多品種少量生産に対応できるフレキシブルな生産管理システム ソフトを導入しており、お客様のご要望に対応いたします。
素材
ねじは線材と呼ばれる細長い鋼線材から作られます。当社ではスチール、マルテンサイト系ステンレス、オーステナイト系ステンレスなど様々な鋼種を取り扱っ ております。



ヘッダー工程
ダブルヘッダーマシンにより線材を切断、圧造し頭部を成形します。この工程に より六角頭や十字穴などの形状が出来上がります。どんな形状であれば成型可能 なのかという自社のノウハウが詰まっています。
動画はこちら


ポンチング工程
自社で開発製造したポンチングマシンと3D-CAD/CAMによる自社内製の金型を駆使しドリルねじの刃先部分を圧造する工程です。ドリルの切れ味を左右する重要な工程です。お客様の用途に合わせた形状に加工します。タッピンねじやタップタイトの場合はこの工程をとばします。
動画はこちら


ローリング工程
転造ダイスと呼ばれる金型で、ねじブランクを両面からはさみ込み、転がすことによってねじ山を成形します。
動画はこちら
熱処理
硬度を高めるために熱処理をします。焼き入れ焼き戻しを行う事で表面は鉄に穿孔できるほど固く、芯部は折れにくい柔らかさを実現します。
表面処理
耐食性を高めるメッキ処理やパシペート処理、潤滑性を高めるすずメッキ、装飾性を高める塗装処理を経て製品として完成します。




組込工程
製品によっては耐水性を高めるためにステンレスキャップをかぶせたり、パッキンとワッシャーを組込むこともあります。
カシメ工程動画はこちら
ワッシャ組み付け工程動画はこちら


検査
KAMIYAMAのねじのクオリティの高さはデータ管理を活かした厳密な品質管理体制によって実現しています。検査情報は全て専用データベースで管理しており、このデータは製品の合否判定のみならず技術開発や製造ラインの品質安定、向上のためにフィードバックにも生かされています。また必要に応じてカメラ検査機により全数検査を行っております。
動画はこちら
梱包
小箱詰め、袋詰め、段ボール詰めと各種梱包に対応しております。OEM梱包も承っておりますのでお気軽にお問合せ下さい。
発送
在庫は立体倉庫に保管されており生産管理システムによって正確に管理されています。受注した製品をお客様のもとに発送いたします。

製造者の声

 

部署/生産課第一係(ヘッダー工程)
名前/S係長
勤続年数/14年

1.どんな仕事?

ドリルねじの頭部を成型する工程を担当しています。糸巻コイル形状の鋼線材料を切断し圧造加工するヘッダ―マシンを操作して います。朝一番にまずは担当している機械の点検、オイル補充を行います。機械を運転させている間は出来上がってくる半製品の 抜き取り検査をします。生産が完了した際には実績データをPCで生産管理システムに入力します。そして次指示生産品に合わせて 加工工具を付け替えたり、材料を載せ替えたりなどの段取り替えをします。受注品ををどの機械で加工するかの割り振りを決める のも大事な仕事になります。

2.仕事で大切にしている事

まずはドリルねじの品質の安定です。第一工程である私たちが不良を出してしまうと後工程すべてに影響が出てしまいますので細心の注意を払って機械の調整にあたっています。そして少人数で効率よく機械を回せるように限られた時間を有効に使えるように心がけています。

3.仕事の悩み、失敗

今までにやったことのないドリルねじ頭部形状をきれいに出す時に悩むことがあります。ドリルねじの頭部は2回3回と複数回圧造 して徐々に成型するのですがその中間品の形状によって頭部形状がきれいに加工できるか変わってきます。過去のデータと経験を もとに中間形状をどうするかを決めるのが難しいところです。

4.仕事のやりがい

材料の補充、機械の段取り替え、抜き取り検査など一連の業務を時間のロスなくこなせたときは気持ちがいいですね。うまく時間 を使わないと機械が停まって納期に影響が出てしまいます。並んだ機械がすべて順調に動いているのをみると達成感を感じれます。
また、加工工具の寿命改善のために材料の表面処理の変更提案をしたことがありました。ドリルねじの加工工程は3つに分かれてお り表面処理を変えると他工程にも影響が出るのですが、それをうまく調整して実際に工具寿命が延びたときにも達成感を感じまし た。

5.仕事、職場で好きなところ

奈良県の桜井市という土地柄か穏やかで優しい人が多い気がします。
もちろん仕事では厳しい面もありますが、機械の修理や機械メーカとの打ち合わせなど一人で色々な経験ができ、仕事が単調ではないところが気に入っています。



部署/生産課第二係(ポンチング工程)
名前/N班長
勤続年数/7年

1.どんな仕事?

生産二係はドリルねじの刃先を成型する工程を担当しています。機械に金型をセットし調整をします。金型を作っているのは技術開発課のため日々の打ち合わせは欠かせません。中間品に問題があれば速やかに前工程と生産管理課に連絡をしています。マイクロスコープで刃先の観察もして品質に問題がないか気を付けています。刃先の品質はドリルねじの施工性能に大きな影響を与えるので完成品の検査結果を現場にフィードバックさせて常に改善を心がけています。

2.仕事で大切にしている事

不良を出さない事です。自分ではいいと思っていたドリルねじが検査の結果悪いこともあるので仲間でお互いに製品の良し悪しの確認をしています。日頃から会話をして意見を言い合える雰囲気作りが大事だと感じています。

3.仕事の悩み、失敗

過去には自分の思い込みで製品が廃棄再生産になったことがありました。金型の取り付けミスで刃先の先端部分が欠けていたのですが、それ以降マイクロスコープでの確認を怠らず、場合によっては他作業者にも見てもらうようにしています。

4.仕事のやりがい

形に残るものを作っているという充実感があります。自分の作ったドリルねじがどこどこの建築で使われているなど知った時もうれしいですね。

5.仕事、職場で好きなところ

連係プレーができる今の生産二係が気に入っています。馴れ合いではなく業務の中で協力ができて、それでいて気を使わない今の仲間を大切にしたいと思います。



部署/生産課第三係(ローリング工程)
名前/K
勤続年数/3年

1.どんな仕事?

ドリルねじのねじ山を加工する機械のオペレーターをしています。半製品を機械に供給して出来上がってくる製品の検品をしています。ねじのサイズ、ねじ山の形状によって機械の設定切り替えをしています。

2.仕事で大切にしている事

不良を出さない事、工期を守ること、機械を大切に扱う事を大事にしています。私たちの仕事は機械がないと何もできないので日頃から整備をして機械の状態を確認しています。そうするために係内でのチームワークが必要だと感じています。

3.仕事の悩み、失敗

ドリルねじのねじ山形状にも色々な種類があって中々うまく機械の設定ができないものがあります。限られた納期で規格内できれいなねじ山を出せるように努力しています。
新人の時に知識不足で機械の部品を壊してしまったことがありました。落下物を磁石の棒で拾って廃棄することがあるのですが、その棒を機械のシュート部分にも使ってしまい部品を交換することになってしまいました。それからは機械を壊すことの無いよう正しい取り扱い方法に気を配っています。

4.仕事のやりがい

難しい形状のねじ山ができてそれを先輩に褒めてもらった時は本当にうれしかったです。あと試作ドリルねじが一発でOKをもらえたときも仕事のやりがいを感じる瞬間です。

5.仕事、職場で好きなところ

新しい機械を入れるときに選定段階から関われて実際に機械メーカーまで足を運んで要望などの打ち合わせができる機会がありました。そうやってやる気があれば仕事を任せてくれる職場だと思います。先輩もやさしく仕事を教えてくれて、仕事の頑張りも見ていてくれるので働きやすい職場だと感じています。